青史出版

初瀬和歌集
 
はつせわかしゅう


 清水宥聖 編 A5判 並製 カバー装 364頁

本体価格 3,000円+税


 ISBN978-4-921145-50-7 C1092
2014年3月20日発行
 
  トップページへ
  既刊書一覧へ
  新刊書・刊行予定書目へ
  ご注文・お問い合わせへ






 奈良県桜井市所在の長谷寺は、古来長谷観音として庶民の信仰を集め、多くの
 和歌が詠まれた。
 本書は、『古事記』、『日本書紀』、『万葉集』から現代までに至る、初瀬(長谷)と
 大和長谷寺に関わる和歌1800余首を収載する。
 また、初瀬・長谷寺の語が詠み込まれた和歌だけでなく、初瀬で詠んだもの、初瀬
 への往還で詠んだ和歌も収載した。
 巻末に和歌初句索引及び作者略伝・出典略解説を付す。
 長谷寺及び初瀬に関わる和歌の集大成。
  
  序…………………………加藤精一(真言宗豊山派管長・総本山長谷寺化主)

  
  


             清水宥聖 = しみず ゆうしょう

               昭和18年 東京都に生まれる
               昭和41年 大正大学文学部文学科卒業、昭和47年 同大学院博士課程単位取得。
               平成10年 大正大学文学部日本語・日本文学科教授
                       同特任教授を経て
               平成26年  同定年退職
                現  在  大正大学名誉教授