青史出版

辞格考とその研究

じかくこう と そのけんきゅう

物集高世研究会編

A5判 616頁・口絵8頁

本体価格 9,500円+税
   

ISBN978-4-921145-11-8 C3081



2001年9月20日発行
  トップページへ
 既刊書一覧へ
 新刊書・刊行予定書目へ
 ご注文・お問い合わせへ


















 
   
 幕末維新の国学者・物集高世が著した『辞格考』は、日本語の
 助詞・助動詞、いわゆる「弖爾乎波」(てにをは)の格を初めて
 定めたもの。
 独自の境地を拓きながらも出版を見ず、長く幻の書となっていた。
 その貴重な資料を、草稿とあわせて全編、影印公刊する。
 また、その特徴と、現存する二本の精細な校異、物集高世と
 その周辺について、などの解説を付す。
      
  
【目次より】
    序 = 岡崎正継
    第一章 『辞格考』の書誌的研究 = 磯貝幸彦 
          架蔵の経緯並びに書誌
          『辞格考』校異
    第二章 『辞格考』の内容と特徴 = 小柳智一
          本書の全体像 
          先行研究に対する言及 -対照して本書の説-
    第三章 『辞格考』とその周辺 = 奥田恵瑞・奥田秀
          物集高世の紹介
          『辞格考』以前の書より
          『辞格考』以後、物集高世書簡集より
    辞格考影印
    辞格考草稿影印
    あとがき = 磯貝幸彦
    影印出版に携わって = 大島敏史