青史出版
近代日本の人物と史料
きんだいにほんのじんぶつとしりょう
伊藤 隆著 四六判 214頁

   本体価格 2,300円+税

      ISBN978−4−921145−02−6 C1021
  
  2000年1月20日発行

   トップページへ
   既刊書一覧へ
   新刊書・刊行予定書目へ
   ご注文・お問い合わせへ

  



  
  
   近代日本の政治家・官僚・軍人・実業家等の日記・文書を精力的に
  発掘、公開に尽力してきた著者が、明治・大正期の人物とその史
  料を解説。
  また、史料探索の過程で触れあった人々の思い出や、聞き取り
  調査の体験を語る。

  
  
【目次より】
   
 一 日本近代化への道
        尾崎三良と『尾崎三良日記』
        新しく発見された福沢諭吉書簡について
        福沢諭吉と藩閥
    
二 帝国議会と外交
        桂上奏文案をめぐって
        張作霖と児玉秀雄
        加藤寛治と『加藤寛治日記・関係文書』
    三 近代史の史料を求めて
        内政史研究会の解散
        日本近代史料研究会の解散
  
      岡義武先生を偲ぶ
        大久保利謙先生を偲ぶ
        私とオーラルヒストリー

  伊藤  隆 = いとう たかし
           昭和7年 東京都に生まれる
           昭和33年 東京大学文学部国史学科卒業
           昭和36年 東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了
           東京都立大学法学部助教授、東京大学文学部教授、埼玉大学大学院教授,
           政策研究大学院大学教授、同リサーチフェロー、等を経て、

          現在、東京大学名誉教授 政策研究大学院大学名誉教授 文学博士