青史出版

明月記の史料学

めいげつき の しりょうがく

 五味文彦著
A5判 350頁 口絵4頁

本体価格 6,800円+税

ISBN978-4-921145-08-8 C3021
2000年7月31日 発行
   トップページへ
   既刊書一覧へ
   新刊書・刊行予定書目へ
   ご注文・お問い合わせへ 




   戦乱と政争の中に生きた定家とその時代を犀利な史眼で分析、
  実態の解明に迫る。
  名記と称揚された「明月記」は、いくつもの断簡に切断されて
  巷間に流布した。散在する断簡を丹念に収集し、その全体像の
  復元を目指す。
  古代・中世史、国文学研究者待望の書。


 【目次より】
   第一 藤原定家の時代 = 新・定家の時代誌
                       九条家と定家
                       後鳥羽院政と定家
                       藤原定家の写本形成
    第二 明月記の史料学 = 『明月記』の書写とその利用
                       紙背から『明月記』を探る
                        『明月記』嘉禄元年秋記の復元
                        『明月記』嘉禄三年四月記の復元
    第三 明月記の群像 =  『明月記』の群像
                      九条基家と慈円
                      説話としての『明月記』
                      中納言定家と上卿故実
    藤原定家関係文書・掲出文書一覧
    索引

    
       
         五味文彦 =ごみふみひこ
                  昭和43年東京大学文学部国史学科卒業、昭和48年同大学院終了
                  お茶の水女子大学助教授、神戸大学助教授、東京大学助教授等を歴任
                  現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授、文学博士