青史出版

輪廻の世界
りんねのせかい
大正大学綜合仏教研究所
輪廻思想研究会編

A5判 430頁

本体価格 9,500円+税   重版出来

ISBN978-4-921145-10-1 C3015   
2001年8月10日発行

   トップページへ
   既刊書一覧へ
   新刊書・刊行予定書目へ
   ご注文・お問い合わせへ






  

   インド・中国・日本・西洋に見られる輪廻思想を中心に様々な
  人間観や解脱への道を総合的に研究。
  元来「人間」という言葉は仏教の翻訳語で、輪廻の一過程を
  示している。本書は、語源である輪廻思想や仏教を究明しながら、
  二十一世紀の新たな人間学を提唱する。  
  十二名の気鋭の執筆者が「死後の世界」観に迫る斬新な書。
  

  【目次より】
 
   第一部 輪廻をめぐる諸問題
         輪廻思想の研究目的=藤近恵市
         輪廻思想の質的転換から新たな人間学への展望=藤近恵市   
   第二部 輪廻の諸相
        《インド編
         『倶舎論』と輪廻説・阿部真也
         大乗仏教成立の思想背景・藤近恵市
         阿頼耶識と輪廻説・平賀由美子
         ヒンドウー経における輪廻思想をめぐる諸問題・小山典勇
        《中国編
         法蔵華厳思想における特徴としての因果解釈・舘野正生
         中国仏教における輪廻について・高橋裕美
         中国における輪廻思想の受容・横井克信
         『水滸伝』に見られる中国の死生観・玉山元信
         《日本編
         葬式仏教と輪廻の問題・小山典勇
          輪廻神学の可能性・久保紀生
         《西洋編
         西洋神秘思想における輪廻観・合田秀行
         西欧人の考える前世と死後の世界・柳堀素雅子
         近代ヨーロッパにおける「輪廻」理解・臼木悦生    
   第三部 《誌上トーキング》
 輪廻の世界を巡り歩いて