青史出版

雪 舟
 −旅逸の画家−
せっしゅう −りょいつ の がか


 宮島新一著    A5判 214頁

 本体価格 3,500円+税



 ISBN978-4-921145-05-7 C1070
2000年4月20日発行
 
   トップページへ
   既刊書一覧へ
   新刊書・刊行予定書目へ
   ご注文・お問い合わせへ






  
 
  謎の多い雪舟の全貌が初めて浮き彫りにされる。
   従来不明のままであった「雪舟」を名乗るまでや、ほとんど
   旅中で過ごした後半生の足跡、さらには、多くの僧侶や武士
   との交友の実態が余すところなく明らかにされる。
   雪舟は、遣明使節に加わって中国に渡り、中国人にも引けを
   取らない画風を確立した孤高の画人とされる。しかし、実際には
   尺八や琵琶を携えつつ諸国を遍歴して名所を描き楽しみ、行く
   先々で弟子を排出している。むしろ、一休や一路のような風狂の
   僧に類しよう。

 画聖の実像を描く。
 
 【目次より】
  はじめに / 多様な雪舟のイメージ / 禅僧と芸能 /
  上洛−水墨画との出会い − / 拙宗として周防に下る /
  雪舟入明 / 九州遍歴 / 東国遊覧 / 再度の東上 /
  雲谷庵での画業 / 没年の謎と雲谷庵のその後 / まとめ
 
 
 【毎日新聞読書欄】 五味文彦氏書評(2000.6/4)より

  ・・・・近代以前の画家の中でもっとも知られた存在といえば、雪舟を
  おいて他はなかろう。
   ・・・・その実像となると、著作がないだけにほとんど明らかでない。
   手掛かりは、雪舟の描いた絵と絵に描かれた賛、周辺の人々の
  証言である。 ・・・・それらを丹念に調べ、その背景をきちんと把握する
  ことがなによりも必要とされるが、本書はそうした試みである。・・・・・

 

  宮島新一 = みやじましんいち
            昭和43年京都大学文学部卒業、昭和45年同大学院終了。
           文化庁主任文化財調査官・奈良国立博物館学芸課長、東京国立文化財研究所美術部長、
           東京国立博物館企画部長、九州国立博物館副館長、山形大学教授等を歴任。文学博士。