青史出版

宮澤正順博士古稀記念 東 洋 −比較文化論集−
みやざわまさよりはかせこききねん  とうよう  ひかくぶんかろんしゅう


宮澤正順博士
古稀記念論文集
刊行会編

A5判 960頁・原色口絵2丁

本体価格 15,000円+税
   
ISBN978-4-921145-20-0 C3010
2004年1月18日発行

   トップページへ
   既刊書一覧へ
   新刊書・刊行予定書目へ
   ご注文・お問い合わせへ





 
   
     道教研究の権威、宮澤正順博士の古稀を祝い、博士と親交のある
      友人・教え子らが、各々専門とする分野の問題に鋭い切り口で挑む
      論文集。
      道教・仏教・思想・文学・言語・芸術・社会等にわたる58編の多彩な
      論考は、何れも今後必読の基本文献となろう。
      
 
【目次より】
  〈第 一 部〉
    二つの 「抄本」
……………………………………………… 堀池 信夫
       ―『老子玄宗注』考―
    『雲笈七籤』巻四「上清源統經目註序」管窺 ……………… 福井 文雅
    仙女と仙媛……………………………………………………砂 山   稔
      ―沈宋の文学と道教―
    陳朴内丹説資料覚書…………………………………………石田 秀実
    占筮者郭璞……………………………………………………立石 廣男
      ―卜筮者尚其占―
    岡倉天心と道教(覚書)………………………………………坂出 祥伸
    霊宝法の錬度科儀に見える生死論について……………… 丸 山   宏
    『老子化胡経』の説かれた場所………………………………前田 繁樹
    北魏の法難と太武帝について……………………………… 春本 秀雄
    宋代以降の道士における『老子』注について…………… 三田村 圭子
    博山炉と香…………………………………………………… 大 形  徹
      ―蓬莱山との関わりから―
    玉局觀をめぐる社会と信仰……………………………………遊 佐  昇
    台湾南部の奠安土府酉焦について………………………… 浅野 春二
    竹中通庵『古今養性録』と貝原益軒『頤生輯要』『養生訓』…麥谷 邦夫
    吉益東洞『医方古言』の文献学的研究………………………舘野 正美
      ―『古書医言』研究の一環として―
    『内経』の「三部所傷」および「傷蔵」について…………………宮川 浩也
    『難経集註』について …………………………………………浦山 久嗣
    『黄帝蝦蟇経』について ………………………………………浦山 きか
    内経医学に於けるせん中と三焦………………………………福田 高徳
    道教における水の身体論 …………………………………… 加藤 千恵
    アメリカン・ポップ・カルチャーにおけるもう一つのタオイズム…藤原 聖子
   〈第 二 部〉
    『仏祖統紀』の校正者について……………………………… 佐藤 成順
      ―南宋末仏教界の動向―
    江戸における法然上人への布教活動…………………………宇高 良哲
      ―二十五霊場と御忌を中心に―
    『領解末代念仏授手印抄』をめぐる一考察……………………林田 康順
      ―機辺の三心―
    善導『観経疏』所説の「定散二善」について……………………柴田 泰山
    唐代における金剛般若経の注釈書について………………… 落合 俊典
    古刊『首楞厳義疏注経』私考 ………………………………… 尾崎 正治
    密教重興とその後 ………………………………………………田中 文雄
      ―日本仏教と中国在家教団の八十年―
    訳経に於ける 「訳」 と 「狄?」……………………………………伊 藤   丈
    明清期における仏教神像の変容…………………………… 二階堂 善弘
      ―四天王像を中心に―
    唯識思想は観念論か?…………………………………………司馬 春英
    ヒンドゥー経バーガヴァタ派における恥の一考察………………小山 典勇
      ―バクティ信の一断面―
    アジャーミラ物語…………………………………………………水野 善文
      ―『バーガヴァタ・プラーナ』第六巻に見る称名―
    チベット語訳『ビンビサーラ王迎仏経』について…………………松濤 泰雄
   〈第 三 部〉
    儒家の“勝利”と法家の“勝利”…………………………………福井 重雅
    明太祖の儒・仏・道三教政策の基調……………………………川勝 賢亮
    李鏡池と現代の『周易』研究……………………………………池田 知久
    「万物一体の仁」 再考………………………………………… 土田 健次郎
    神秘の山水………………………………………………………山田 利明
      ―宗炳『画山水序』の思想―
    敦煌写本「新集厳父教」について………………………………伊藤 美重子
    『劉子』小考………………………………………………………亀田 勝見
    呂不韋の評価と荻生徂徠のロマン主義について………………山田 潤治
    ジョン・デューイの中国観をめぐって …………………………… 久保 紀生
   〈第 四 部〉
    王維の詩における音聲表現………………………………………入谷 仙介
    子が描く母の肖像…………………………………………………興 膳   宏
      ―『金楼子』后妃篇について―
    石崇・王羲之・陶淵明の〈詩序〉の比較考察………………… 長谷川 滋成
    「フィクション」 と 「ノンフィクション」の交差……………………… 平石 淑子
      ―蕭紅「子捨て」を読む―
    コウルリッジと中国……………………………………………… 高山 信雄
    チョーサーの説話と『今昔物語集』の中国説話…………………塩見 知之
    「アデンまで」「白い人」 から『深い河』へ…………………………石丸 晶子
      ―遠藤周作における 「西」 と「東」 ―
   〈第 五 部〉
    モートゥパッリとクリシュナパトナムの刻文に見る中世南インドの
    海港での外国貿易 ……………………………………………… 辛 島   昇
    中華人民共和国『語文』に見る暗唱教育………………………… 安居 總子
    唐・太宗皇帝の書風について………………………………………赤平 和順
    『将門記』の叙述と文飾 …………………………………………… 村上 春樹
    多文化社会のメンタルヘルス……………………………………… 野田 文隆
    明治期の「幻灯」に関する研究 …………………………………… 蛭田 道春
   〈第 六 部〉
    「シナジン三人コントラバスもって」 ……………………シャウマン・ヴェルナー
    Understanding Kuan-yin-Sutra観音経according to T‘ien-t‘i doctrine
      ―Contemplation of all things as mind 観心 and faith― …… 塩入 法道